学校在学中もドンドン受けよう声優オーディション

オーディションというと、なんだか緊張してしまいそうなイメージですよね。

学校でもオーディションの機会はあり。

声優オーディションは学校在学中でも受けることができます。

六歳~十七歳~など年齢制限がある条件付きの募集もみられます。

オーディションでは与えられたセリフを読んだり違うキャラクターを演じて読んでほしいと言われたときに、臨機応変に対応できるかといった所をみられています。

キャラクターを使い分けるために事前に何パターンか用意しておくとよいでしょう。

オーディションなどを会場で受ける前に書類審査や、ボイスサンプルというものがあり、声優オーディションの判断材料として扱われます。

ボイスサンプルとはあなたの声を録音したものです。

一次審査で提出を必要とされる場合が多いです。

録音する内容はオーディション関係者の方から、お題を決められる事があります。

特にお題を決められていない場合には自己紹介、セリフ、ナレーションを入れると良いでしょう。

学校でも教えてくれると思いますが、声優オーディションの一次審査。

ボイスサンプルに録音する例としましては、まず初めに自己紹介です。

ハッキリと明るい声で行いましょう。

明るい声は好印象です。

次にナレーションですが、原稿は自分で作成してもいいのですが、それが難しいと、いう人には雑誌などから選んできてもいいです。

自分が詰まらずに読みやすいものにしましょう。

最後にセリフですね。

セリフは、お父さん役、ロボット役、しゃべる動物がいたらなど、自分でイメージしながらキャラクターになりきってみてください。

恥ずかしがらないでください。

あなたは声優なのですから。

何種類かのキャラクターを用意し、どれも似たような声になってしまわないように注意してください。

音質に関してですが、自宅での録音は生活環境の中ですので、物音や雑音が入ってしまい、どうしても完成度が落ちてしまいます。

お金はかかりますが、できれば録音スタジオなどを利用するのが良いと思います。

そんなに、お金はかけられない。

という人は、出来るだけ静かな部屋や場所を選んで録音してみてください。

場所によって聞こえ方も違ってくるので色々な場所を試してみてください。

将来、声優になると望むあなた。

学校を自分の目で選んで声優を目指すならこのサイトを是非参考にしてみてください。

声優の勉強ができる学校を探す

Comments are closed.